*窓枠の内側の寸法を測って下さい。



窓のサイズ

窓の寸法を測定し、下記の対応寸法に当てはまるか、確認してください


窓幅  :35~225㎝


窓の高さ:50~300㎝


 

奥行き

サッシに金具を取り付けるため、開口部天面の奥行に5cm以上の水平面が必要です。

通常の窓枠

窓枠に段差がある場合

壁の材質

Q1.窓枠はありますか?

Q2.窓枠がない場合、壁の素材を確認してください。

窓の形状

下記の形状の窓はWallFitterの取付が難しいケースがございます。
必ず事前にお問い合わせください。

窓の開閉方法

窓の開閉時に室内側に開く窓はWallFitterに接触してしまうため、取付が出来ません。

打倒し窓

回転窓

レバー・ハンドル等

室内側に窓枠を超えてはみ出るレバー等がある場合、WallFitterに接触して押し出してカーテンと壁の間に隙間が生じてしまう為、WallFitterを取付できません。

ロック用のレバー

開閉装置

窓枠内上方にスペースがあるか

窓枠内上方にはWallFitter内蔵レールの為のスペースが必要です。
出っ張りやクローザー等によりスペースを確保出来ない場合、WallFitterを取付出来ないケースがありますので、ご注文前にお問い合わせください。

窓枠上方に出っ張りがある場合

クローザーがある場合

上記の項目を全てクリアした窓はWallFitterを取り付けできます


カーテンが窓の下まで降ろせるか、降ろせないかの確認です。
ご注文時にどちらかを指定してください。

パターンA

カーテンを窓の下まで降ろせない窓
(下端に出っぱりがある)

カーテンの裾を窓の高さまでに仕上げます


・窓の下枠に棚がある場合

・吐き出し窓

パターンB

カーテンを窓の下まで降ろせる窓

カーテンの裾を窓の高さまでに仕上げます



下記に当てはまる窓は注文時にお知らせください。

1.高い場所にある窓

*コード式のレールをお選びください

窓の下が150㎝以上ある高所の窓に設置される場合は、昇降コード(開閉操作用のコード)を手の届く高さまで長くお作りします
レールはコード式をお選び頂き、注文時に備考欄に窓下の高さをご記入ください

2.部屋の隅にある窓

通常、WallFitterは窓幅から3cmずつ幅広にお作りしておりますが、壁までの距離に合わせて調整します。
ご注文時に備考欄にご記入ください。


<カーテン、フィットパネルの幅>

窓枠の内寸法に対して片側につき、カーテンは4cm、フィットパネルは8.4cmずつ大きく仕上げます。


<カーテンの丈>

下記の図のように棚板がある窓や、はき出し窓等、出っ張りや床などがあって窓枠より下にカーテンが下ろせない場合はカーテン生地を窓の高さと同じ長さで作製しますので、ご購入の際に、窓の形状をパターンAとご指定ください。